betweenthebooks.com

3.11

Some thoughts on Mushrooms from the forest 2011 by Takashi Homma

Posted in 3.11,text by iseki ken on 2013-03-11

without comments

オンライン・フォトグラフィー・マガジンF-STOP MAGAZINEに掲載されたTristan Hooperによる展覧会レビュー記事を転載させていただきました。

(日本語訳は最後に記載されています。)

Online photography magazine F-STOP and writer Tristan Hooper kindly let us reprint the exhibition review article.

*************************************************************

Some thoughts on Mushrooms from the forest 2011 by Takashi Homma

Tristan Hooper

During the autumn of 2011, following the catastrophic events of the Great East Japan Earthquake, photographer Takashi Homma explored the forests of Fukushima prefecture. In the midst of the nuclear crisis Homma selected, picked and photographed various species of mushroom that were found to exhibit high levels of radiation and were as a result classified as unsafe by the government.

An exhibition of the photographs entitled Mushrooms from the forest 2011 was hosted by Blind Gallery between December 17th and February 19th, 2012. A book by the same name, containing further images was produced in conjunction with the exhibit.

The newly opened gallery is located in the Yoyogi district of Tokyo, just a few minutes’ walk from the JR station. The venue itself is the definition of bare bones simplicity. Fashioned from what appears to be a recycled shipping container, the narrow yet surprisingly accommodating space places the focus directly on the work displayed and leaves little room for anything else.

The images are framed simply and displayed without captions. The individual mushroom studies, which account for the majority of the exhibition, are juxtaposed with images of the wild and unpopulated woodland environment from which they originated. The various species of mushroom are photographed against a white background; soil and other debris are clearly visible clinging to roots and stems. The different types of fungi are incredibly distinctive. After viewing one or two they begin to resemble portraits. Each mushroom is personified by its individual shape, size and features. Some species appear in pairs, others in larger groups still. These organic subjects look especially foreign photographed in such a sterile environment leading one to make associations with medical study or post mortem examination.

In modern culture and especially ancient civilisation the image of the mushroom is hugely symbolic for a number of reasons. This varied iconography could instigate a number of different interpretations in terms of understanding Homma’s work. It is interesting to note that fungi have long been recipient to a range of conflicting emotional reactions. On one hand they are the fruits of nature, spawned from the ground and picked by many for food but conversely they are often regarded as a sinister, potentially fatal and toxic species.

To some the phallic shape of the mushroom represents fertility, however when viewing Homma’s photographs perhaps the most obvious association can be drawn from the fact that the typical mushroom shape is ubiquitous with the cloud form produced by an atomic explosion. Referred to simply as a ‘mushroom cloud’, this image has been and continues to be the subject of endless recontextualization and can be seen appropriated within advertising, animation, protest imagery and political propaganda. Indeed, this atomic association is in keeping with the works somewhat nuclear premise. The atomic explosion is the result of man’s destructive application of nuclear power whilst the contamination of Homma’s mushrooms is partly a consequence of man’s utilisation of nuclear power for energy.

Homma picked the mushrooms and photographed them on site within the forest using a portable studio. The strategy of extracting the specimens from their natural habitat and relocating them inside a white, clinical environment seems to reassert and punctuate the concept of man’s potential influence and power over nature.

Mushrooms from the forest is another example of a relatively recent shift in Takashi Homma’s practice. His previous work is notable in its depiction of modern Tokyo suburbia and its young inhabitants. Lately however his focus has been more directed toward nature.

In comparison to the great glut of imagery produced in response to the tragic disaster of 2011 and the subsequent nuclear crisis, Homma’s work is muted and quietly suggestive. When studying the mushroom photographs it is easy to be drawn in by the intricacy and strange beauty of nature’s design but if one considers these images in terms of their contextual significance it becomes more apparent that this is a body of work that is loaded with implication.

 

壊滅的被害を与えた東日本大震災後の2011年秋、写真家のホンマタカシは福島県の森を

訪れた。放射能被害のさなか、ホンマは様々な種類のきのこを見つけ写真におさめた。

そのきのこたちは放射能を吸収し、結果として政府から採取が禁止された。

 

展覧会が行われたのは代々木ヴィレッジ内にあるblind gallery。作品を展示する以外に

ほとんどスペースは残らないほど細長くコンパクトだが心地よいスペースである。

 

作品はシンプルに額装されキャプションはない。さまざまな種類のきのこが、土くずは

ついたままだが、白バックで撮影されている。きのこはそれぞれ信じがたいほどに

独特な形態をしている。

 

現代社会でも古くからの文明社会でもきのこのイメージは多くの理由によりきわめて

象徴的に扱われてきた。この変化に富んだルックスはホンマの作品を理解する際、

様々な解釈を引き起こす。興味深いことに、きのこは両極端な対立するイメージを

もっている。ひとつは地面や木から採取される自然の恵みとしてであり、

もうひとつは邪悪で中毒性のある生物としてである。

 

男根の形をしたきのこは繁殖力を象徴するが、ホンマの写真から連想されるイメージ

といえば原子爆弾などによってできる、きのこ雲だろう。その図像は広告や

アニメ、抗議、政治的なプロパガンダなどに使われてきた。原子力による爆発が、

原発という、ある種破壊的でもある原子力の応用結果である一方で、

ホンマが撮影したきのこもそれを映し出しているのである。

 

ホンマはきのこを発見したその場所で簡易スタジオをつくり撮影を行っている。

きのこをその生息環境から切り離した白い背景の上で撮影する手法は、人間が

自然に及ぼす潜在的な影響やパワーをより強く主張しているようにみえる。

 


「mushrooms from the forest」はホンマの昨今の作品の変化を示す一例である。

ホンマは過去に東京郊外やそこで育った子供たちを撮影した

重要な作品を残しているが、写真家はより直接的な自然にフォーカスしている。

 

供給過剰なほどに撮影された震災被害や原発事故の直接的な写真と比較して、ホンマの

作品は無口で暗示的である。きのこの写真について調べれば、自然がつくったこの複雑で

奇妙な美しさをもつ生物に関心を引き寄せられるだろう。だが、ホンマがきのこを

撮影した背景や文脈を含めてこれらの写真を見れば、このシリーズが含蓄と暗示が

こめられた作品だということがより明らかになるはずだ。

 

3.11と写真家

Posted in 3.11 by tomo ishiwatari on 2011-10-19

without comments

 

『Newsweek 2011/9/14号』

『Newsweek 2011/9/14号』に写真家の本城直季さんが撮影した被災地の写真が掲載されています。

掲載タイトルは「リアルな被災地の薄れゆく実像」。

 

『週刊金曜日 2011/9/9号』

雑誌『週刊金曜日』にて、編集者の後藤繁雄さんと、2人の写真家小山泰介さん・

頭山ゆう紀さんが現在の東京を触知するための作業として、

「TOKYO IS:」という連載をしています。

 

 

『思想地図β vol.2』

『思想地図β vol.2』の特集・震災以後では写真家の新津保建秀さんが

東北を取材撮影しています。

真夜中 2011 Early Autumun

Posted in 3.11,news by tomo ishiwatari on 2011-08-17

without comments

雑誌『真夜中』に掲載中の、「報道写真について」のホンマの記事、大変ご好評いただいております。

ご購入いただいた皆さま、ありがとうございます。

たくさんの方に読んでいただきたいので、まだ読まれていない方に少しだけ中身をお見せします!

 

続きは本誌にて!

近所の本屋にないよーという方、真夜中のホームページでも販売しておりますので、

ぜひ一度のぞいてみてください。

http://www.littlemore.co.jp/magazines/mayonaka/

関東大震災の絵はがきPostcards of The Great Kanto Earthquake

Posted in 3.11 by iseki ken on 2011-06-27

without comments

こんにちは。between the booksエディターの井関ケンです。

今日は柘植書房新社から1990年に出版された『絵はがきが語る関東大震災』という本を紹介します。

1923年9月1日におきた関東大震災のあと、震災写真を使ってたくさんの絵はがきがつくられました。多くの印刷所がひどい被害を受けたにもかかわらず、寄付金のため、単にそれに便乗したお金儲けのため、多くの絵はがきが街中にあふれました。テレビなどなかった時代、地方から来た人が東京の惨状を全国に伝えるための手段にもなったようです*1。

ここに紹介するのは、白黒写真を元に手作業で彩色されたあと、多色印刷された絵はがきです。中には不自然に炎や煙が描きこまれた写真もあります。

Hi, this is Ken Iseki, the Editor at between the books.

Introducing today is a book called “絵葉書が語る関東大震災 – Ehagaki ga Kataru Kanto Daishinsai (Seeing The Great Kanto Earthquake Through Postcards) published by Tsugeshobo in 1990.

After the Great Kanto Earthquake on the 1st of September, 1923, a lot of postcards using the photos of the devastation emerged despite the severe damage at printing offices. The postcards were sold in the city, some for charity and some for moneymaking taking the advantage of the disaster. Without any visual mass media back then, they also became the means to convey the desolation in Kanto areas to the rest of Japan*1.

The black and white prints were coloured manually and then colour printed. You can tell some have been exaggerated with excess smoke and flame.

場所不明 惨害常 夜天空に漲る(みなぎる)火煙

Location Unknown – Fire smoke in the dark

大震害を蒙(こうむ)りたる二重橋

Nijubashi Bridge

(上)京橋区 惨状の最も甚だしかった築地の大亀裂

(下)麹町区 ペチャンコになった日比谷公演音楽堂と震災前の音楽堂

(Above) Kyobashi-Ku:  The massive cracks in Tsukiji

(Below) Kojimachi-Ku:  Hibiya Concert Hall before and after the quake

(上)場所不明 大震災大火を呪う如き怪雲と猛煙

(下)京橋区 猛火に包まれた京橋附近

(Above) Location Unknown: Big cloud and smoke

(Below) Kyobashi-Ku: Kyobashi area surrounded by ferocious fire

(上)麹町区帝国ホテル附近の猛火

(下)麹町区 猛火に包まれる警視庁と震災前の警視庁

(上)麹町区 数寄屋橋付近の猛炎

(下)日本橋区 日本橋付近の猛火と震災前の日本橋

(上)京橋区 京橋区銀座街の大惨状と震災前の銀座大炎

(下)京橋区 京橋区山下橋付近の大延焼と震災前の高架線

(Above) Kyobashi-Ku: Ginza before and after the quake

(Below) Kyobashi-Ku: Yamashita Bashi Bridge area before and after the quake

(上)本所区 本所国技館付近の惨状と震災前の両国国技館

(下)本所区 惨憺(さんたん)たる吾妻橋の焼失と震災前の吾妻橋

(Above) Honjo-Ku: Ryogoku Kokugikan before and after the quake

(Below) Honjo-Ku: Azumabashi Bridge before and after the quake

(上)浅草区 猛烈を極めたる浅草仲見世の大延焼と震災前の仲見世の賑わい

(下)浅草区 六階より折れて付近は火の海となる。別図は帝都の高洛と誇りし十二階の雄

 

(上)浅草区 震災前の浅草公園屋敷と全焼したる花屋敷、吞気な象クンの避難

(下)右往左往に逃げんとする避難民の実景

(Above) Asakusa-Ku: Asakusa Park before and after the quake and the elephant evacuation.

(Below) Crowd evacuating in confusion.

(上)麹町区 丸の内へ避難する群衆。日本橋及び神田方面の猛火を望む

(下)その他 田端付近の避難民

(Above) Kojimachi-Ku: Crowd evacuating to Marunouchi. Furious fire towards Nihonbashi and Kanda.

(Below) Evacuees around Tabata

*1 Reference  Kanagawa University Website - The 1923 Great Kanto Earthquake: Photo/Map Database

*1参考 神奈川大学のサイト 関東大震災 – 地図と写真のデータベース

Ryuji Miyamoto “KOBE 1995 After the Earthquake”

Posted in 3.11,site trekking by iseki ken on 2011-06-1

without comments

こんにちは。between the booksエディターの井関ケンです。

写真家の宮本隆司さんが、1995年に阪神大震災後の神戸を撮影したシリーズ 、”Kobe 1995 After the Earthquake ” を紹介します。

Hi, this is Ken Iseki, the Editor at between the books.

Introducing today is ”Kobe 1995 After the Earthquake” by Ryuji Miyamoto, which focuses on Kobe after the earthquake.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸市中央区三宮 そごうデパート

Sogo Department Store – Sannomiya, Chuo-ku, Kobe

read more »

写真集トレッキング第5回 Taishi Hirokawa “Still Crazy”

Posted in 3.11,site trekking by iseki ken on 2011-05-21

without comments

こんにちは。between the booksエディターの井関ケンです。

今回は広川泰士さんの『Still Crazy』です。

この写真集は、広川さんが1991年から1994年にかけて、日本にある53基(当時)の原子炉を撮影した作品です。広川さんは、8×10の大判カメラを使って原子炉のある日本の風景を切り取りました。

 

19 August 1993 Mihama

福井県の美浜原子力発電所

read more »

ROLLS TOHOKU 3/31-4/3

Posted in 3.11,site trekking by iseki ken on 2011-04-26

without comments

こんにちは。betweent the booksエディターの井関ケンです。

子どもたちが学校のグラウンドでサッカーをしています。この写真を被災地である宮城県石巻市の渡波小学校で撮影したのは、新聞記者でもフリーのカメラマンでもありません。

実際に被災された方なのです。

これは、写真家の平野愛智さんが「ROLLS TOHOKU」と題し、被災地の方々に使い捨てカメラ(写るんです)を渡して、被災者の方々に写真を撮ってもらい、それをウェブサイトにまとめたプロジェクトです。

Hi, this is Ken Iseki, the Editor at between the books.

Kids are playing soccer in the playground at Watanami Primary School in Ishimaki, Miyagi. The area was heavily affected by the recent earthquake and tsunami. This photograph was not taken by a journalist or photographer – but by the sufferer him/herself.

This is a part of project “ROLLS TOHOKU“ led by the Photographer, Aichi Hirano.  He has given disposal cameras to those affected by the disaster and put together the photos taken by them on a website.

これまで、私たちが新聞やネット上で目にしてきた、たくさんの震災写真のほとんどは、当事者ではない報道者によって、撮影された写真です。

これまでも、災害や戦争などの報道写真は、外部の人間が、彼らの目線で切りとったイメージでした。

he images we have seen on the papers or internet are all shot by the media, from their point of view. This was also the case for most of the dreadful events from the past.

しかし、このROLLS TOHOKUプロジェクトでは、被災者の方々が、実際に体験していること、身の回りでおこっていることを撮影しています。

ですから、つぶされてしまった家も、校庭でサッカーをする子どもたちも、毛布にくるまって寝る犬も、途方にくれるおばあさんも、談笑するおじさんたちも、沼地になってしまった町も、ピースサインをする子どもたちも、すべて一緒に写されています。

In this  ROLLS TOHOKU project, those affected shot what they actually saw, experienced, and encountered around them.

Everything, from the squashed house, kids playing soccer, dogs wrapped in a blanket, old lady at a loss, middle-aged men chatting, a city turned into a swamp, to the kids giving the peace sign is bundled into one place.

談笑するおじさんたち

Middle-aged men chatting.

毛布にくるまって寝る犬

Dog wrapped in a blanket.

破壊されてしまった家

Half collapsed house.

ピースサインする女の子

Girls.

当事者か報道者か、主観的か客観的か、いろいろな写真があります。被災者の方々によって撮影されたこれらの写真が、インターネットによってたくさんの人が見ることができる。今の時代と平野さんの実行力があってこそ実現できた、とても価値のあるプロジェクトだと思います。

ROLLS TOHOKU 3/31-4/3のサイトはこちらです。

Photographs can have a wide diversity - whether they were taken by those affected or by the media, or from a subjective or objective perspective.

To be able to see the photos taken by those affected on the internet. This would not have come true without the technology of today and Hirano’s dynamism. A very valuable project.

The ROLLS TOHOKU 3/31-4/3 website is here.

 

 

二つの自由の女神像

Posted in 3.11 by manami takahashi on 2011-04-22

without comments


















『AERA 2011/4/11号』に、藤原新也さんによる東日本大震災のルポ「破壊と孤独」が掲載されています。















瓦礫の向こう側に写っているのは、宮城県石巻市の中瀬マリンパークにある自由の女神像。



















先日タカザワケンジさんによるグラフ雑誌の緊急復刊の記事を掲載しましたが、2001年に休刊となった『FOCUS』も、「大災害緊急復刊」として先週発売されました。

こちらにも、同じ自由の女神像が写った写真が掲載されていました。





















グラフ雑誌が伝えた大震災 「緊急復刊アサヒグラフ 東北関東大震災」

Posted in 3.11 by iseki ken on 2011-04-18

without comments

東日本大震災の報道のため、休刊していたグラフ雑誌が緊急復刊しました。インターネットや映像など様々なメディアで情報が飛び交うなかで、写真が果たした役割とは。フリーライターのタカザワケンジさんの記事です。

**************************************************************************

グラフ雑誌が伝えた大震災
「緊急復刊アサヒグラフ 東北関東大震災」

タカザワケンジ

3月11日に起きた東日本大震災を受けて、さっそくその翌週に写真を中心とした大判の雑誌が二冊発行された。「緊急復刊アサヒグラフ 東北関東大震災」と「サンデー毎日緊急増刊 東日本大震災」だ。いずれもかつて存在した「グラフ雑誌」のフォーマットを踏襲している。

「グラフ雑誌」とは、アメリカの「LIFE」誌に代表される写真を大きく扱う雑誌で、日本では新聞社が「アサヒグラフ」「毎日グラフ」などを発行していた。戦後から高度経済成長期に隆盛を誇ったが、のちに部数を減らしていく。「LIFE」が1972年に最初の休刊をしたときには、報道の第一線が写真(雑誌)動画(テレビ)へと移行したことの象徴だとされた。それほど、グラフ雑誌は写真をあつかうメディアの中心にあった。

「アサヒグラフ」は1923年創刊の老舗雑誌で、2000年に休刊している。80年代以降は報道よりもカルチャーや人物紹介などに重点を置き、写真家の作品発表の場という一面も持っていた。

今回の「アサヒグラフ」は「緊急復刊」と銘打たれている。出版流通的には「週刊朝日」の臨時増刊という位置づけで、同誌編集長の山口一臣が編集・発行人を兼ね、編集後記で「(大震災の惨状を)写真を大きくして、お伝えしたかったからです」とその復刊の理由を書いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

read more »

The New York Timesの震災報道写真

Posted in 3.11 by iseki ken on 2011-03-22

without comments