betweenthebooks.com

BABYLAND RECONSTRUCTION

Posted in news by tomo ishiwatari on 2013-04-25

without comments

リトルモアより出版されたホンマのファースト写真集『BABYLAND』が、

ポストカードブック『BABYLAND RECONSTRUCTION』になって

本日発売されました!

 

 

再構築には

すごい

面々が

参加しています!!

 

この他、金沢美術工芸大学の学生さん達がワークショップの課題で

再構築した作品もあります。

GWや、夏の旅のお供にぜひ!

 

そして、丸の内に新しくできたKITTE内のマルノウチリーディングスタイルでは、

明日から〈リトルモア ポストカードブック〉 創刊記念フェアが開催されます!

なんでもカフェが併設された本と雑貨のお店のようです。

 

イベントの詳細は以下をご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈リトルモア ポストカード ブック〉創刊記念フェア
ポストカードバイキング

開催期間:2013年4月26日(金)- 5月6日(月)
開催店舗:マルノウチリーディングスタイル(東京・丸の内)


〈リトルモア ポストカード ブック〉第一期の4タイトル【 001 髙橋恭司『ロードムーヴィ』、

002 ホンマタカシ『BABYLAND RECONSTRUCTION』、003 川内倫子『うたたね ・花火』、

004 渡邉良重『BROOCH』 】に収録されているポストカード全80種から、

お好きな絵柄を選りどり20枚、1050円(税込)でお買い求めいただける、

まさにポストカードのビュッフェともいえるフェアです。

あの人に届けるために、自分の手元にとっておくために……あれこれ思いながらのポストカード選びを、ぜひお楽しみください!


【開催店舗】
マルノウチリーディングスタイル
〒100-7004 東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE 4F
tel. 03-6256-0830
→ http://jptower-kitte.jp/shop/409.html


〈リトルモア ポストカード ブック〉について詳しくはコチラよりご覧ください。
→ http://www.littlemore.co.jp/20postcards

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

COSMIC WONDER Light Source Diamond Equinox Takashi Homma

Posted in news by tomo ishiwatari on 2013-04-24

without comments

4/25(木)〜6/9(日)まで、青山と大阪のCenter for Cosmic Wonderにて、

ホンマの写真が展示されます。

COSMIC WONDER Free Press “Harmonic Edition”(Center for COSMIC WONDER刊)の発売に伴う展示です。

 

5/8(水)には青山と大阪の展示内容が入れ替わりますので、どちらもお見逃しなく!

大阪店は毎週水曜日はお休みですのでご注意ください。

 

カタログ、展示の詳細は以下のHPなどでご確認ください。


Center for COSMIC WONDER
Tokyo  T. 03 5774 6866
Osaka T. 06 6532 8874

COSMIC WONDER Light Page
http://www.cosmicwonder.com

Facebook
http://www.facebook.com/centerforcosmicwonder

Twitter
https://twitter.com/cw_lightnews

Spectator Sports (April 12 – July 3, 2013)

Posted in news by tomo ishiwatari on 2013-04-23

without comments

“Spectator Sports” explores the relationship between athlete and spectator with a particular focus on the spectator’s perspective.

ただいまシカゴの現代写真美術館では、

アスリートと観客の関係、特に観客の視線に焦点を当てた

「Spectator Sports」という展示を開催中です。

その展覧会に、2011年にホンマがドイツでレクチャーをした際、

お世話になったKatja Stukeさんが参加しています。

参加作品は『SUPER NATURAL』という

オリンピックでの競技直前の選手の顔をキャプチャーした作品です。

 

こちらはその展示風景です。

作品の前でレクチャーするカティアさん。(下の写真の方です。)

 

展示は7月3日までやっているそうですので、シカゴへお立ち寄りの際はぜひ!

会場の詳細、展覧会の内容に関しては美術館HPをご覧ください。

 

SPECTATOR SPORTS

MUSEUM OF CONTEMPORARY PHOTOGRAPHY, CHICAGO

APR 12 – JUL 3, 2013

MUSEUM OF CONTEMPORARY PHOTOGRAPHY

600 S. MICHIGAN AVE.

CHICAGO 60647

MOCP.ORG

 

カティアさんのパートナー、
Oliver Sieverさんも担々麺好きのとてもおもしろい人なので
ぜひチェックを!
二人はBÖHM KOBAYASHIというユニットでも活動しています!


You can’t live just pretty. Let’s be a sweet and spicy lady !

Posted in news by tomo ishiwatari on 2013-04-10

without comments

甘辛ミックスでいこう!

今日のご飯の話じゃありませんよ。

雑誌『AneCan』5月号のテーマです。

なぜ急にアネキャンかというと、ホンマがあの!蛯原友里さんを激写したからです!

見たい!けど本屋で手に取ることすらちょっとドキドキしちゃうと

いうのがこのブログを読んでいる大半の意見だと思います。

私はマウンテンパーカで赤面しながら立ち読みしました。(自意識過剰)

すみません、前置きが長くなりました。

お見せします!

じゃーん!

うーん、なんというか・・参りました。

写真て奥が深いですね。

ちなみにこの日の撮影はエビちゃん史上最速で終わった撮影だったそうです。

男性諸君、撮影が早い分には女性は大喜びですよ!

 

まだ書店に並んでいますので、皆さんぜひ、実際に手に取ってご覧くださいませ!

 

人生初アネキャンに興奮気味のイッシーでした。

 

 

 

 

A HAPPY UNION

Posted in news by tomo ishiwatari on 2013-04-3

without comments

スタイリストの百々千晴さんとHiroyuki Kuboさんが編集長を務める

ファッションマガジン『UNION』

創刊号からホンマはモデルの水原希子さんの撮影で参加しています。

その『UNION』第三号が3月に発売になりました!

水原さんxホンマx百々さんの三部作、まだ見ていない方はぜひ!ご覧ください。

たくさん雑誌などで活躍中の水原さんですが、UNIONの水原さん最高にすてきです。

 

来週末は大阪のスタンダードブックストアで百々さんのトークショーもあるようです。

他にもいろいろなアーティストが参加していて、とてもたのしい雑誌です。

次号のUNIONもどうぞお楽しみに!

Some thoughts on Mushrooms from the forest 2011 by Takashi Homma

Posted in 3.11,text by iseki ken on 2013-03-11

without comments

オンライン・フォトグラフィー・マガジンF-STOP MAGAZINEに掲載されたTristan Hooperによる展覧会レビュー記事を転載させていただきました。

(日本語訳は最後に記載されています。)

Online photography magazine F-STOP and writer Tristan Hooper kindly let us reprint the exhibition review article.

*************************************************************

Some thoughts on Mushrooms from the forest 2011 by Takashi Homma

Tristan Hooper

During the autumn of 2011, following the catastrophic events of the Great East Japan Earthquake, photographer Takashi Homma explored the forests of Fukushima prefecture. In the midst of the nuclear crisis Homma selected, picked and photographed various species of mushroom that were found to exhibit high levels of radiation and were as a result classified as unsafe by the government.

An exhibition of the photographs entitled Mushrooms from the forest 2011 was hosted by Blind Gallery between December 17th and February 19th, 2012. A book by the same name, containing further images was produced in conjunction with the exhibit.

The newly opened gallery is located in the Yoyogi district of Tokyo, just a few minutes’ walk from the JR station. The venue itself is the definition of bare bones simplicity. Fashioned from what appears to be a recycled shipping container, the narrow yet surprisingly accommodating space places the focus directly on the work displayed and leaves little room for anything else.

The images are framed simply and displayed without captions. The individual mushroom studies, which account for the majority of the exhibition, are juxtaposed with images of the wild and unpopulated woodland environment from which they originated. The various species of mushroom are photographed against a white background; soil and other debris are clearly visible clinging to roots and stems. The different types of fungi are incredibly distinctive. After viewing one or two they begin to resemble portraits. Each mushroom is personified by its individual shape, size and features. Some species appear in pairs, others in larger groups still. These organic subjects look especially foreign photographed in such a sterile environment leading one to make associations with medical study or post mortem examination.

In modern culture and especially ancient civilisation the image of the mushroom is hugely symbolic for a number of reasons. This varied iconography could instigate a number of different interpretations in terms of understanding Homma’s work. It is interesting to note that fungi have long been recipient to a range of conflicting emotional reactions. On one hand they are the fruits of nature, spawned from the ground and picked by many for food but conversely they are often regarded as a sinister, potentially fatal and toxic species.

To some the phallic shape of the mushroom represents fertility, however when viewing Homma’s photographs perhaps the most obvious association can be drawn from the fact that the typical mushroom shape is ubiquitous with the cloud form produced by an atomic explosion. Referred to simply as a ‘mushroom cloud’, this image has been and continues to be the subject of endless recontextualization and can be seen appropriated within advertising, animation, protest imagery and political propaganda. Indeed, this atomic association is in keeping with the works somewhat nuclear premise. The atomic explosion is the result of man’s destructive application of nuclear power whilst the contamination of Homma’s mushrooms is partly a consequence of man’s utilisation of nuclear power for energy.

Homma picked the mushrooms and photographed them on site within the forest using a portable studio. The strategy of extracting the specimens from their natural habitat and relocating them inside a white, clinical environment seems to reassert and punctuate the concept of man’s potential influence and power over nature.

Mushrooms from the forest is another example of a relatively recent shift in Takashi Homma’s practice. His previous work is notable in its depiction of modern Tokyo suburbia and its young inhabitants. Lately however his focus has been more directed toward nature.

In comparison to the great glut of imagery produced in response to the tragic disaster of 2011 and the subsequent nuclear crisis, Homma’s work is muted and quietly suggestive. When studying the mushroom photographs it is easy to be drawn in by the intricacy and strange beauty of nature’s design but if one considers these images in terms of their contextual significance it becomes more apparent that this is a body of work that is loaded with implication.

 

壊滅的被害を与えた東日本大震災後の2011年秋、写真家のホンマタカシは福島県の森を

訪れた。放射能被害のさなか、ホンマは様々な種類のきのこを見つけ写真におさめた。

そのきのこたちは放射能を吸収し、結果として政府から採取が禁止された。

 

展覧会が行われたのは代々木ヴィレッジ内にあるblind gallery。作品を展示する以外に

ほとんどスペースは残らないほど細長くコンパクトだが心地よいスペースである。

 

作品はシンプルに額装されキャプションはない。さまざまな種類のきのこが、土くずは

ついたままだが、白バックで撮影されている。きのこはそれぞれ信じがたいほどに

独特な形態をしている。

 

現代社会でも古くからの文明社会でもきのこのイメージは多くの理由によりきわめて

象徴的に扱われてきた。この変化に富んだルックスはホンマの作品を理解する際、

様々な解釈を引き起こす。興味深いことに、きのこは両極端な対立するイメージを

もっている。ひとつは地面や木から採取される自然の恵みとしてであり、

もうひとつは邪悪で中毒性のある生物としてである。

 

男根の形をしたきのこは繁殖力を象徴するが、ホンマの写真から連想されるイメージ

といえば原子爆弾などによってできる、きのこ雲だろう。その図像は広告や

アニメ、抗議、政治的なプロパガンダなどに使われてきた。原子力による爆発が、

原発という、ある種破壊的でもある原子力の応用結果である一方で、

ホンマが撮影したきのこもそれを映し出しているのである。

 

ホンマはきのこを発見したその場所で簡易スタジオをつくり撮影を行っている。

きのこをその生息環境から切り離した白い背景の上で撮影する手法は、人間が

自然に及ぼす潜在的な影響やパワーをより強く主張しているようにみえる。

 


「mushrooms from the forest」はホンマの昨今の作品の変化を示す一例である。

ホンマは過去に東京郊外やそこで育った子供たちを撮影した

重要な作品を残しているが、写真家はより直接的な自然にフォーカスしている。

 

供給過剰なほどに撮影された震災被害や原発事故の直接的な写真と比較して、ホンマの

作品は無口で暗示的である。きのこの写真について調べれば、自然がつくったこの複雑で

奇妙な美しさをもつ生物に関心を引き寄せられるだろう。だが、ホンマがきのこを

撮影した背景や文脈を含めてこれらの写真を見れば、このシリーズが含蓄と暗示が

こめられた作品だということがより明らかになるはずだ。

 

カメラを使わない作品 第6回 Googleストリートビュー #2 Works without Camera Google Street View #2

Posted in Found Photo by iseki ken on 2013-02-27

without comments

Googleストリートビューを使った作品、第2回です。

Michael Wolf(マイケル・ウルフ)の写真集『a series of unfortunate events』を見てみましょう。

マイケル・ウルフは、ストリートビューに写っていた「不運な出来事」を見つけてトリミングしました。

Here are some of the images from German photographer Michael Wolf’s photobooko a series of unfortunate events. Wolf found ‘unfortunate events’on Google Street View, photographed them on the screen and cropped.

転んでしまったおばあさんが写っていました。

Unfortunate event 1

こんなシーンも。

Unfortunate event 2

オフィス街白昼の不倫劇(想像)も写っていました。

Secret love affair on the street.

どうして自分で撮影したのではない、この解像度の低いイメージを使って作品をつくったのでしょうか。

マイケル・ウルフはこれまでに大判カメラで都市の高層ビルを撮ったり、東京の満員電車に乗る乗客を風刺的に写したりしています。

Why did he decide to use low resolution pictures on street view while he is literally a photographer.

Michael Wolf has been shooting tall buildings in big cities with large format camera, also people in the packed commuting train in Tokyo.

シリーズ「Transparent City」より

シリーズ「Tokyo Compression」より

マイケル・ウルフのテーマのひとつは「都市の生活」です。現代に、大都市で暮らすということはどういうことかを写真を使って問いかけています。

どうやらストリートビューの画像を使った理由は、「最近足腰が弱ってきて、歩きまわって写真を撮るのがしんどい」ではなさそうです。

One of his main subjects is “life in city”. His works question us what it is like to live in a big city.

It seems that his main reason of using images from internet is not “It’s a pain to walk around the city with a camera anymore.”

マイケル・ウルフが意図的にストリートビューの画像を使用したこの作品からは、自分たちの知らないところで勝手に写真に撮られているかも知れない社会、何でもインターネットで見られる時代、デジタル写真があふれる世の中、が見えてきますね。

続きます。

This work shows us the society that everybody can be photographed automaticaly without notice and the age that we can see anything through internet.

(井関ケン Ken Iseki)

Aperture Photography Magazine Relaunching

Posted in news by tomo ishiwatari on 2013-02-26

without comments

ニューヨークの出版社apertureが同名で出版している写真雑誌、

Aperture Photography Magazine』がリニューアルされ、Spring issue (#210)として発売されました。

新しく始まる連載で写真家のスタジオ訪問のコーナーができたのですが、第一回目はホンマのスタジオが紹介されました。

こうやってみるとちょっぴり散らかったスタジオもいい感じに見えますね・・。うふふ。

Aperture magazine has been renewed from the spring issue 2013 (#210). It has the new series called ‘Studio Visit’ which Takashi Homma was selected for the first Studio. Please check it out when you read the magazine.

デザインも一新され、カッコヨクなっています。

その他の内容も写真が多くて大充実です。

ぜひ書店で見かけたらお手に取ってご覧ください!

apertureのサイトから購入すると、25%引きになった上にデジタル版 apertureと

『THE PHOTO BOOK REVIEW』もついてきてお得のようです。

(イッシー)

 

カメラを使わない作品 第6回 Googleストリートビュー #1 Works without Camera Google Street View #1

Posted in Found Photo by iseki ken on 2013-02-25

without comments

自分で写真を撮らなくても作品を作ることができるんです。カメラを使わない写真作品を紹介します。

Even if you don’t have a camera, you can make photographic work. I would like to introduce photographers/artists who don’t shoot photographs.

******************************************

今回はGoogleストリートビューの画像を使った作品を紹介します。

まずはカナダのアーティスト、Jon Rafman(ジョン・ラフマン)の「9-eyes」というシリーズ。

Many artists and photographers already have utilized the images taken from Google Street View for their works. Let me introduce some of them.

Here is Canadian artist Jon Rafmand’s series, ‘nine eyes’.

メキシコのギャング(?)。

写真家はメキシコに行ったわけではありません。

Gang? in Mexico.

He didn’t go to Mexico though.

ノルウェイのトナカイ。

写真家が実際にこのシーンに出くわしたわけではありません。

Reindeer in Norway.

He actually didn’t come across this scene though.

ブラジルの街角で車が燃えています。

A car burning on the street in Brazil.

台湾の街角で少年が転んでいます。

ラフマンはカメラを持って外に写真を撮りにいく代わりに、ストリートビューが写してしまった決定的瞬間を探し集めたのです。

A boy on bicycle falling on the ground.

Rafman searched through google street view and collected these ‘decisive moment’ instead of going outside with a camera.

つづいてはAaron Hobson(アーロン・ホブソン)のシリーズ「cinemascapes」。

Here is another series of work by Aaron Hobson, titled ‘cinemascapes’.

シネマな風景 in スペイン。

Cinemascape in Spain.

シネマな風景 inフランス。

Cinemascape in France

シネマな風景 in 南アフリカ。

Cinemascape in South Africa.

全部ストリートビューからの画像を使っています。

外へ行かずに自分の家のパソコンでロケハンしたんですね。

単純に自分で写真を撮るのが面倒だからストリートビューを使ったのでしょうか?

もう少し他の写真家の作品も見てみましょう。

次回へ続きます。

These are also the landscapes that street view captured.

They just didn’t want to spend time and effort walking around with a camera anymore?

Let’s see more works in the next article.

(井関ケン Ken Iseki)

Mountain Photographer “寅彦” by Takashi Homma

Posted in news by tomo ishiwatari on 2012-12-27

without comments

新しい写真集『Mountain Photographer “寅彦” by Takashi Homma』が届きました!

伝説の山岳写真家・寅彦の雪山写真集です。

スーパーラボのサイトで購入可能です。

between the booksのストアや、全国書店でも順次お求めいただけますのでお楽しみに!

12/29(土)のHEIMAT TALKで販売いたしますので、イベントにご参加の方はぜひ手に取ってご覧ください。