betweenthebooks.com

Susan Sontag On Photography Most Highlighted 写真論のハイライト

without comments

写真論の代表的な著作としてはずせない一冊、スーザン・ソンタグの『写真論』。

もう読みましたか?

Have you already read Susan Sontag On Photography?

ソンタグ 写真論 Susan Sontag On Photography

もう読んだ方もそうでない方も、いくつかの要点*1もう一度見てみましょう。

I know you did, but for those who didn’t, let’s pick up some of the popular sentences*1.

 

1.「カメラは実際に現実をとらえるのであって、それをただ解釈するのではないという意味もあるが、写真は絵画やデッサンと同じように世界についてのひとつの解釈なのである。」(スーザン・ソンタグ 近藤耕人訳『写真論』晶文社, 1979年, p.13)

1. “Although there is a sense in which the camera does indeed capture reality, not just interpret it, photographs are as much an interpretation of the world as paintings and drqsings are. ” (120 people highlighted)

 

 

 

「写真は絵画やデッサンと同じように世界についてのひとつの解釈なのである。」

 

 

ふむふむ。

OK.

 

 

2. 「時間というものは結局はたいがいの写真を、およそ素人ふうのものであろうと、芸術と同列の高さにおくことになる。」(p.29)

2. “Time eventually positions most photographs, even the most amateurish, at the level of art. ” (116 people highlighted)

 

 

 

なるほど。

I see.

 

 

 

3. 「最近では写真はセックスやダンスと同じくらいありふれた娯楽になった。そのことは、大衆芸術というものはどれもそうだが、写真が大部分の人に撮って芸術ではなくなったことを意味している。それは主として社交的な儀礼であり不安に対する防御であり、また権力の道具なのである。」(p.15)

3. “Recently, photography has become almost as widely practiced an amusement as sex and dancing – which means that, like every mass art form, photography is not practiced by most people as an art. It is mainly a social rite, a defense against anxiety, and a tool of power.”  (104 people highlighted)

 

 

 

「最近では」、とありますが、『写真論』が出版されたのは1977年です。

The book first published in 1977.

 

 

 

4. 「撮影した映像は世界についての言説というよりも世界の断片であり、だれにでも作れるし、手にも入る現実の小型模型といったものである。」(p.11)

4. “Photographed images do not seem to be statements about the world so much as pieces of it, miniatures of reality that anyone can make or acquire. ” (94 people highlighted)

 

 

 

「世界の断片」、「現実の小型模型」、、、

‘miniatures of reality’..

 

 

 

5. 「人びとを撮影するということは、彼らを自分では決して見ることがないふうに見ることによって、また自分では決してもつことのない知識を彼らについてもつことによって、彼らを犯すことである。それは人びとを、象徴的に所有できるような対象物に変えてしまう。ちょうどカメラが銃の昇華であるのと同じで、だれかを撮影することは昇華された殺人、悲し気でおびえた時代にはふさわしい、ソフトな殺人なのである。」(p.22)

5. “To photograph people is to violate them, by seeing them as they never see themselves, by having knowledge of them they can never have; it turns people into objects that can be symbolically possessed. Just as the camera is a sublimation of the gun, to photograph someone is a sublimated murder – a soft murder, appropriate to a sad frightened time.” (80 people highlighted)

 

 

撮影することは「ソフトな殺人なのである。」

To photographe people is  ”a soft muder.”

 

興味深い表現がたくさんありますね。

Interesting.

 

スーザン・ソンタグ『写真論』、読んでみましょう。

Let’s read through the book.

*1これら5つの引用はKindleのポピュラー・ハイライトで最も多くハイライトされた箇所。ポピュラー・ハイライトは、他の多くのKindleユーザー(読者)がハイライトした文章が分かる機能。日本語版はKindle用に電子書籍化されていない(2013年8月現在)ため原著『On Photography』を参照。
*1 These five sentences are most highlighted on Kindle book. Kindle has a function called Popular Highlight, which we can know the highlighted sentences by other readers.

(井関ケン Ken Iseki)

 

Written by iseki ken

2013/08/21 at 10:08

Posted in site trekking