betweenthebooks.com

カメラを使わない作品 第7回 Googleストリートビュー #3 Works without Camera Google Street View #3

without comments

Googleストリートビューを使った作品、第3回です。

アメリカ人写真家、Doug Rickard(ダグ・リカルド)の写真集を紹介します。

タイトルは『A New American Picture』。

I would like to introduce a photobook.

The title is A New American Picture. Photographer Doug Rickard utilized Google Street View to make this series of work.

「アメリカン」というと、日本人にとっては若干薄めのコーヒーですが*1、写真ワールドではロバート・フランクの『The Americans』、ウォーカー・エヴァンスの『American Photographs』、スティーブン・ショアの『American Surface』など巨匠の名作が思い浮かびますね*2。

その「アメリカン」ラインアップを踏まえて、「新しいアメリカンピクチャー」と題されたこのシリーズ、Google Street Viewを利用して制作された作品なのですが、作品のコンセプトや背景などを、写真集の巻末に収録された作家のインタビューを拾い読みしながら見ていきましょう*3。

In Japan, “American” means coffee which is not too strong*1 but of course for photography lover, it reminds us of many masterpieces, such as The Americans by Robert Frank, American Photographs by Walker Evans, American Surface by Stephen Shore etc.

Doug Rickard’s photobook ,titled A New American Picture, has probably been named after those works by the masters. I found a conversation between the photographer and a interviewer Erin O’Toole at the end of the book. It helps to read this work and also about the artist and the what motivated Rickard to make this book.

About the photographer

インタビュアー:どうやって写真を学んだのですか?

リカルド:完全に独学なんだ。アートスクールにも行っていない。10年ほど前から写真の勉強を自分ではじめた。

インタビュアー:はじめはフィルムで撮って暗室作業も行っていた?それとも始めからデジタル?

リカルド:最初はデジタルで撮り始めた。それからフィルムを使い始めて、ネガをスキャンしてプリントしていた。2009年にウェブを直接的に使って作品をつくりはじめたんだ。暗室作業はあまりやっていない。そういう意味では新しい世代かもしれない。

写真を始めたときにはデジタルもフィルムも両方あって、どちらも試して最終的にはウェブを作品の素材として使うことになったリカルド。そのあたりフレキシブルですね。デジタルかフィルムか論争には加わらないタイプのようです。

EO: Have you had any formal artistic or photographic training?

DR: No. I’m really self-taught. I didn’t go to art school. I discovered and started teaching myself photography about ten years ago.

EO: Did you start by shooting film and developing in a darkroom, or have you always worked digitally?

DR: I first started shooting digitally, then began working with film – scanning negatives but printing them digitally. In 2009, I started to make work directly from the web. I haven’t really spent significant time in a darkroom. In a way I am a product of a new era.

At the time he started photography, there were both film and digital already. Rickard tried both and eventually started to utilize materials on the web for his works. Seems like Rickard is not a person who debate whether-digital-is-photography-or-not thing.

#39.177833, Baltimore, MD(2008), 2011 from A New American Picture

ダグ・リカルドは、写真に関する記事やインタビュー、動画などをアーカイブする、写真ワールドでとても有名なAmerican Suburb X*4というウェブサイトを運営しているんです。

Rickard run the very famous website called American Suburb X which archives tons of articles, interviews and movies related to photography.

写真記事アーカイブサイト American Suburb X

リカルド:2006年頃、エグルストンやブレッソン、アーバスなんかの写真集を買いはじめたんだ。それから可能な限り写真に関しては何でも吸収した。そして2008年写真情報のアーカイブサイト、American Suburb Xをはじめた。その頃膨大な量の写真をインターネットで見ていたよ。そして面白い記事を見つけては自分のサイトにアップしていったんだ。

インタビュアー:その記事のアーカイブやリサーチ作業がどのようにウェブを利用した作品制作につながっていくんだろう?

リカルド:ASXをはじめたときはまだ自分でカメラを持って外で写真を撮っていたのだけど、すぐにインターネットという新しい可能性のあるフロンティアに興味を持ち始めた。

↑ 写真記事アーカイブサイト、American Suburb X。写真情報つまってます。

自分で立ち上げたサイトに、記事や写真家へのインタビュー、動画などを集め、編集していく過程で、さらに写真の歴史にのめり込んでいったそうです。おそらくは自分の興味や勉強のためにやっていたと思いますが、すぐにたくさんの人が参照する重要なウェブサイトになりました。ウェブ上の誰もがアクセスできるアーカイブ。インターネットが可能にした試みですね。

外へ出て写真をたくさん撮ることよりも、ウェブで写真を見たり歴史を勉強したり、サイトを運営することが作品づくりにつながっていきます。続いては作品のテーマを見ていきましょう。リカルドはGoogle Street Viewから決定的瞬間やきれいな風景を探しているわけではないんです。

後編に続きます。

DR: Around 2006, I started buying books by people like Eggleston, Cartier-Bresson, Arbus, and many others. I began to absorb everything about photography that I could. Then in 2008 I started ASX. I was viewing tons of  photography online, using the Internet as my library, and then posting what I found compelling on my site.

EO: How did that intensive archiving and research evolve into actually making work drawn from the web?

DR: When I first started ASX I was still making some photographs out in the world, but I quickly became more and more interested in the Internet as a frontier of new possibilities.

Through collecting and editing the photography materials, Rickard started to get obsessed about learning the history of photography.

In the latter part, you will see the concept and background of this work. He is not just looking for decisive moments or beautiful landscapes in Google Street View.

*1 アメリカン・コーヒーは和製英語だそうです。
*2 他にもJoel Sternfeld『American Prospect』、Richard Avedon『In the American West』、Lee Friedlander『The American Monument』など 
*3 インタビュアーはSFMOMAのアシスタント・キュレーター、Erin O’Toole
*4 以前ブログ記事、世界の写真サイトトレッキング で紹介しましたのでこちらもどうぞ

*1 At old style coffee shops in Japan, ‘Blend’ means regular coffee and ‘American’ is Blend with a little bit more hot water.
*2 Others are American Prospect by Joel Sternfeld, In the American West by Richard Avedon, The American Monument by Lee Friedlander etc.
*3 Erin O’Toole is assistant curator at SFMOMA
*4 We picked up American Suburb X in our  blog before.

(井関ケン Ken Iseki)

 

Written by iseki ken

2013/05/22 at 22:58

Posted in site trekking