betweenthebooks.com

エグルストンさん、質問です。Q&A with Egglston

without comments

イギリスの新聞、The IndendentのWebサイト上で、カラー写真の巨匠エグルストンに写真家やキュレーターが質問をするという記事がありました。みなさんいろいろなことを聞いています。

I found an article in which photographers, curators and fans questioned William Eggleston. It’s quite interesting. Let’s see.

まずはテートモダンの写真部門キュレーター、サイモン・ベイカーの質問。

Q: 自身、他の写真家の作品問わず、あなたにとって一番最初の重要な一枚は何ですか?

A. 洲の刑務所で二十歳かそこらの時に撮った受刑者たちの写真だね。

理由が気になる回答です。

The first question is by Simon Baker, curator of photography, Tate Modern

Q: What was the first photograph that was important to you (by you or anyone else), and why?

A. A picture I took of some prisoners at the state penitentiary. I’m guessing I was about 20 at the time.

The answer makes us want to know the reason, doesn’t it?

 

続いては、The Photographer’s Galleryのディレクター、ブレット・ロジャース。

Q: 先日ギャラリーで貴方の作品を展示した際に、説明として「日常をスナップショットスタイルで撮る」と書きました。1月に写真家のナン・ゴールディンがギャラリーに来てこの説明に異議を申し立てました。貴方のアプローチは「スナップショット」ではないとのことです。ご自分ではどのようにお考えですか?

A: ありがとう、ナン。

Next one by Brett Rogers, director, The Photographers’ Gallery.

Q: When we recently showed an Eggleston image at the Gallery, we wrote on the accompanying caption that you photograph scenes of everyday life with a ‘snapshot style’. When Nan Goldin visited in January, she took exception to this, saying yours was definitely not a ‘snapshot’ approach. What is your view on this description of your approach?

A: Thank you, Nan.

Memphis, from William Eggleston’s Guide

そしてそのナン・ゴールディンからの質問。

Q: パリで一緒にすごしたこと覚えてる?結婚してくれるのよね?

A: もちろん。

本当に結婚したら、写真界のビッグカップル誕生です。

And Nan Goldin questions.

Q: Remember our times in Paris? Are you still gonna marry me?

A: Yes, no question about it.

If they really got married, it would be a sensation.

 

テートモダン ディレクター、クリス・デーコンはプリントサイズについて。

Q: テートモダンで貴方の美しいダイトランスファープリントを展示しようとしていますが、プリントのサイズをどのようにお決めになっているのでしょうか?

A: ダイトランスファーの小さめのと大きなピグメントプリントの二つのサイズに最近落ちついたところだよ。

昔の有名なイメージを新たに大きなピグメントプリントで制作、販売したことで話題になったのも記憶に新しいですね。

Chris Dercon, director, Tate Modern asks about print size.

Q: As we are about to show some of your beautiful dye-transfer prints at Tate Modern, I have been wondering how you decide on the size of the prints you make.

A. I have currently settled on two sizes: smaller dye transfers and large-format pigment prints.

Eggleston made large pigment prints of his iconic images and sold them lately.

Memphis, from William Eggleston’s Guide

インディペンデント誌アート・エディター、アリス・ジョーンズの質問。

Q: インスタグラム(写真共有ソーシャル・ネットワーク・サービス)についてどう思いますか?

A: それが何か知らない。

メンフィスにいるエグルストンがiPhoneで撮った写真をinstagramでシェアする。あまり想像できないです。

Next question by Alice Jones, deputy arts editor, The Independent.

Q: What do you think of Instagram?

I don’t know what they are.

I cannot personally imagine that he shoot by iPhone in Memphis and share the photos through SNS.

 

続いてはイギリス人写真家、マーティン・パー。

Q: 1970年代の写真と今撮っている写真ではどう違いますか?

A: 撮っているものが違うね。

Martin Parr’s question.

Q: What is the difference between your current shooting and that of the 1970s?

A: The subject-matter is different.

Algiers, Louisiana, from William Eggleston’s Guide

同じくイギリス人写真家のジェイソン・エヴァンス。

Q: アート作品をつくる写真家と写真作品をつくるアーティストの違いは何でしょうか?

A: 違いがあるのかどうかよくわからない。

Jason Evans’s question.

Q: What’s the difference between a photographer who makes art, and an artist who makes photographs?

A: Not sure there is any difference.

 

アメリカ人写真家、アレック・ソスはロバート・フランクのこの発言を引用。

Q: 数年前、ロバート・フランクがこう言っていました。「現代は写真やカメラが溢れていて多すぎる。馬鹿げたことに我々は全員監視されていて、どんなアクションも無意味になっている。もしすべての瞬間が記録されるなら、もう何も美しくないし写真はすでにアートじゃないかもしれない。もしかしたらアートになったことさえないかもしれない。」これについてどう思いますか?

A: その発言のどの部分に対しても異論はないね。

Alec Soth quotes Robert Frank’s words.

Q: A few years ago Robert Frank said, “There are too many images, too many cameras now. We’re all being watched. It gets sillier and sillier. As if all action is meaningful. Nothing is really all that special. It’s just life. If all moments are recorded, then nothing is beautiful and maybe photography isn’t an art any more. Maybe it never was.” What do you think about this?

A: I don’t disagree with any part of that statement.

Memphis, from William Eggleston’s Guide

イギリスのバンド、プライマル・スクリームのボビー・ギレスビーも質問しています。
Q: 1960年代、メンフィスのパーティーで当時12歳だったアレックス・チルトンにLSDをあげたって本当?

いや、あげてない。

Primal Scream’s front man Bobby Gillespie’s question.

Q: Did you really give the 12-year-old Alex Chilton [the late singer with Big Star] LSD/acid at a party in Memphis in the 1960s?

A: No.

 

写真家のポリー・ボーランドは死生観について。

Q: 死についてどう思いますか?

A: まだそこまでいってない。

Photographer, Polly Borland’s question.

Q: What are your feelings about death?

A: I haven’t been there yet.

 

フォト・エディター、ニック・ホールの質問。

Q: 好きな色はありますか?

A: 昔は緑だったけど、今はないよ。

そういえば、写真集『William Eggleston’s Guide』のテキスト部分、緑色の紙でしたね。

Nick Hall, picture editor, The Independent Magazine’s question.

Q: What’s your favourite colour?

A: It used be green when I was young. Now I don’t have a favourite.

Near Minter City and Glendora, Mississippi, from William Eggleston’s Guide

さらに質問が読める原文はこちら

The original article is here.

(井関ケン Ken Iseki)

Written by iseki ken

2013/05/04 at 22:53

Posted in site trekking