betweenthebooks.com

カメラを使わない作品 第6回 Googleストリートビュー #2 Works without Camera Google Street View #2

without comments

Googleストリートビューを使った作品、第2回です。

Michael Wolf(マイケル・ウルフ)の写真集『a series of unfortunate events』を見てみましょう。

マイケル・ウルフは、ストリートビューに写っていた「不運な出来事」を見つけてトリミングしました。

Here are some of the images from German photographer Michael Wolf’s photobooko a series of unfortunate events. Wolf found ‘unfortunate events’on Google Street View, photographed them on the screen and cropped.

転んでしまったおばあさんが写っていました。

Unfortunate event 1

こんなシーンも。

Unfortunate event 2

オフィス街白昼の不倫劇(想像)も写っていました。

Secret love affair on the street.

どうして自分で撮影したのではない、この解像度の低いイメージを使って作品をつくったのでしょうか。

マイケル・ウルフはこれまでに大判カメラで都市の高層ビルを撮ったり、東京の満員電車に乗る乗客を風刺的に写したりしています。

Why did he decide to use low resolution pictures on street view while he is literally a photographer.

Michael Wolf has been shooting tall buildings in big cities with large format camera, also people in the packed commuting train in Tokyo.

シリーズ「Transparent City」より

シリーズ「Tokyo Compression」より

マイケル・ウルフのテーマのひとつは「都市の生活」です。現代に、大都市で暮らすということはどういうことかを写真を使って問いかけています。

どうやらストリートビューの画像を使った理由は、「最近足腰が弱ってきて、歩きまわって写真を撮るのがしんどい」ではなさそうです。

One of his main subjects is “life in city”. His works question us what it is like to live in a big city.

It seems that his main reason of using images from internet is not “It’s a pain to walk around the city with a camera anymore.”

マイケル・ウルフが意図的にストリートビューの画像を使用したこの作品からは、自分たちの知らないところで勝手に写真に撮られているかも知れない社会、何でもインターネットで見られる時代、デジタル写真があふれる世の中、が見えてきますね。

続きます。

This work shows us the society that everybody can be photographed automaticaly without notice and the age that we can see anything through internet.

(井関ケン Ken Iseki)

Written by iseki ken

2013/02/27 at 6:10

Posted in Found Photo