betweenthebooks.com

カメラを使わない作品 第6回 Googleストリートビュー #1 Works without Camera Google Street View #1

without comments

自分で写真を撮らなくても作品を作ることができるんです。カメラを使わない写真作品を紹介します。

Even if you don’t have a camera, you can make photographic work. I would like to introduce photographers/artists who don’t shoot photographs.

******************************************

今回はGoogleストリートビューの画像を使った作品を紹介します。

まずはカナダのアーティスト、Jon Rafman(ジョン・ラフマン)の「9-eyes」というシリーズ。

Many artists and photographers already have utilized the images taken from Google Street View for their works. Let me introduce some of them.

Here is Canadian artist Jon Rafmand’s series, ‘nine eyes’.

メキシコのギャング(?)。

写真家はメキシコに行ったわけではありません。

Gang? in Mexico.

He didn’t go to Mexico though.

ノルウェイのトナカイ。

写真家が実際にこのシーンに出くわしたわけではありません。

Reindeer in Norway.

He actually didn’t come across this scene though.

ブラジルの街角で車が燃えています。

A car burning on the street in Brazil.

台湾の街角で少年が転んでいます。

ラフマンはカメラを持って外に写真を撮りにいく代わりに、ストリートビューが写してしまった決定的瞬間を探し集めたのです。

A boy on bicycle falling on the ground.

Rafman searched through google street view and collected these ‘decisive moment’ instead of going outside with a camera.

つづいてはAaron Hobson(アーロン・ホブソン)のシリーズ「cinemascapes」。

Here is another series of work by Aaron Hobson, titled ‘cinemascapes’.

シネマな風景 in スペイン。

Cinemascape in Spain.

シネマな風景 inフランス。

Cinemascape in France

シネマな風景 in 南アフリカ。

Cinemascape in South Africa.

全部ストリートビューからの画像を使っています。

外へ行かずに自分の家のパソコンでロケハンしたんですね。

単純に自分で写真を撮るのが面倒だからストリートビューを使ったのでしょうか?

もう少し他の写真家の作品も見てみましょう。

次回へ続きます。

These are also the landscapes that street view captured.

They just didn’t want to spend time and effort walking around with a camera anymore?

Let’s see more works in the next article.

(井関ケン Ken Iseki)

Written by iseki ken

2013/02/25 at 22:47

Posted in Found Photo