betweenthebooks.com

The Photobook Review 002のEditor’s Note

without comments

こんにちは。between the booksエディターの井関ケンです。

以前ブログでも紹介したThe Photobook Review*1、第2号がリリースされました。写真集という媒体に絞ったレビュー誌、写真集が世界中で人気なんですね。写真集大国ニッポンとしてはうれしいことです。

Hi, this is Ken Iseki, the Editor at between the books.

The Photobook Review 002 has been released from aperture. Now photobook is very popular in all over the world. For us Japanese who have been developed unique and deep photobook culture, it’s a pleasant movement.

今号のゲスト・エディターはマルクス・シャーデン*2。彼は「Editor’s Note」にこんなことを書きました。

The guest editor of this issue is Markus Shaden. Let’s read the Editor’s Note first.

「セルフパブリッシュも簡単にできるようになり、最近の写真集ブームはたいへんな数の写真集を毎日生み出している。インターネットやソーシャルネットワークには写真集の情報があふれている。」

“Since PBR 001′s successful launch at Paris Photo 2011, the photobook market feels less predictable in its constant shift between boom and crisis. There has been a wave of self-made photobooks, more books published by traditional publishers, many new, online indie bookstores, and social networks that spread information about photography books.”

「しかし私は言いたい。いい写真集をつくるのは簡単ではない。たいへんな手間と時間がかかる。しかし、そうやって丁寧につくられた写真集に賞味期限はない。」

“While the publishing process and market may move with great speed, the making great books takes time.”

Introducing Kiyoshi Suzuki Soul and Soul 1969-1999, dummy book of a masterpiece.

誌面には、鈴木清さんの写真集『流れの歌』やDanny Lyon(ダニー・ライアン)のダミー本が紹介されていました。

ダミー本は写真集の試作品です。写真のセレクト、順番、大きさ、余白などをの選択を、何度も何度も試行錯誤し完成に近づけていきます。

“Looking back at the history of the photobook, it is obvious that developing a dummy and experimenting with sequencing, layout, and ideas are important first steps toward creating an outstanding photobook.”

Another dummy book by Danny Lyon

「いい写真集をつくるのは簡単ではない。たいへんな手間と時間がかかる。しかし、そうやって丁寧につくられた写真集に賞味期限はない。」

“While the publishing process and market may move with great speed, the making great books takes time.”

*1 アメリカやヨーロッパの一部で無料で配布されているのですが、残念ながら日本には流通していません。
*2 ドイツ人のパブリッシャー、ライター。1995年、ケルンにブックショップShaden.comをオープン。

Written by iseki ken

2012/06/19 at 7:00

Posted in site trekking