betweenthebooks.com

写真とLaw 第1回 訴えられた写真家(前編) Law and Photography Case#1 Photographer Who Was Sued (First Half)

without comments

こんにちは。between the booksエディターの井関ケンです。

「写真とLaw」のコーナーでは、Arts and Law*1の代表理事で弁護士の水野祐さんをお招きして、写真にまつわる法律の話をしていきたいと思います。

Hi, this is Ken Iseki, the Editor at between the books.

In this “Law and Photography” series, I would like to invite the representative director and the lawyer from Arts and Law*1, Tasuku Mizuno and talk about the law around photography.

************************************

第1回目は、「訴えられた写真家」です。

写真家はなぜ訴えられたのでしょうか。

The first case is “photographer who was sued”.

Philip-Lorca DiCorcia 《Heads》より

btb:上の写真は、アメリカ人写真家、Philip-Lorca DiCorcia(フィリップ-ロルカ・ディコルシア)がNYのマンハッタンで撮った写真です。

水野:スタジオでライティングしたような写真に見えます。

btb: The photo above was taken in Manhattan, New York by an American photographer Philip-Lorca DiCorcia.

Mizuno: Looks like the photo was taken in a studio with the lighting. 

btb:ディコルシアは、はなれた場所に望遠カメラをセットし、ある地点を人が通った瞬間に、通行人の頭上、工事の足場にセットしたストロボが光る装置を使って、被写体に気づかれずに写真をとりました。

水野:公道を歩いている人々を無断で撮影したんですね?

btb: DiCorcia had set a telecamera in the distance and took the photo without the subject realising she or he was being photographed. He used a device which flashes as the passersby pass particular point.

Mizuno: So he has taken photos of people in public without any consent.

btb:そうです。こうして撮った作品をギャラリーで展示し、販売しました。しかし展覧会から数年後に、被写体の一人(上写真)が写真家を訴えます。「勝手に撮影して、その写真を販売して儲けるなんてなにごとだ」という主張です。

水野:私もこのケースについて調べましたが、ディコルシアが裁判に勝っていますね。ディコルシアがこの写真を、広告などの商業目的ではなく、アート作品として撮影・展示したことや、販売した点数も少数であるということなどが決め手になっています。

btb: Right. He then held an exhibition of these pieces and sold them. However, a few years later from the exhibition one of the subjects (above) decided to sue him claiming “the photographer should not have taken the photo or sold it without notice”.

Mizuno: I have also done some research on this issue and found that DiCorcia won the case. The deciding factors were that DiCorcia took and exhibited these photos as art as opposed to commercial purpose, and that the works sold were only a few.

btb:アメリカのほうが、日本よりも肖像権の侵害などに厳しい印象がありますが。

水野:そうですね。欧米では肖像権の権利意識も強いんですが、一方で、「表現の自由」という権利もすごく尊重されていますアート作品を発表する行為は、この「表現の自由」の1つとして強く保護される傾向があります。

btb: I have an impression that the US is more strict on violation of publicity rights.

Mizuno: You are right. In the West, the awareness of publicity rights is very strong, but on the other hand, right to “freedom of expression” is also highly respected. When introducing an art work, this “freedom of arts” play a very important role in protecting the art.

btb:肖像権の侵害についてすこしお話いただけますか?

水野:肖像権侵害は「撮影行為」と「発表行為」に分けて考える必要があります。前者はそもそも被写体を撮影すること自体が許されるか、後者は仮に撮影することが許されたとしても、その写真を雑誌で発表したり、WEBで公開したりすることなどが許されるか、という問題です。

btb: Would you please tell us a little about the violation of publicity rights?

Mizuno: When we think about the violation of publicity rights, we need to segregate the concept into two, “photographing” and “publishing”. The former is whether it is acceptable to photograph the subject in the first place, and the latter is whether it is acceptable to publish the work on  a magazine or on the internet.

btb:撮影してもいいか、発表してもいいか、ということですね。ディコルシアのケースは両方が問題になっているんですね。

btb: The point is whether it is allowed to photograph or publish. In DiCorcia’s case, both have become the issues.

後編は、肖像権侵害の判断のポイントや、日本と欧米の違いについてです。

お楽しみに。

In the second half, we will focus on the point in judging violation of publicity rights and the difference between Japan and the West.

*1 Arts and Lawは弁護士・会計士などの有資格の専門家の協働による芸術・文化への支援プログラムを中心とした団体です。さまざまなジャンルの表現活動とその担い手 の人々へ向けて、正確な専門知識の普及や無料相談の機会等を提供しています。Arts and Lawのサイトはこちら

*1 Arts and Law is a non-profit organisation in which the certified lawyers and accountants would support arts and culture offering accurate expertise free of charge for artists from all genres.

Written by iseki ken

2012/05/11 at 8:12

Posted in site trekking