betweenthebooks.com

Taryn Simonのプレゼン Taryn Simon on TED

without comments

こんにちは。between the booksエディターの井関ケンです。

「TED」知っていますか?

TEDは「Ideas worth spreading(広める価値のあるアイデア)」をスローガンに掲げた、講演会を主宰する非営利団体です。2006年から、学者や政治家、経営者やアーティストなど、さまざまな分野の人物の講演(プレゼンテーション)をインターネットで公開しています。

ここでは、アメリカ人写真家のTaryn Simon(タリン・サイモン)が行った講演を紹介します。

タイトルは「photographs secret sites(隠された側面を撮る)」です。

 

Hi, this is Ken Iseki, the Editor at between the books.

Today, I would like to introduce a presentation conducted by an American photographer/artist, Taryn Simon.

The title is “photographs secret sites”.

サイモンは、冒頭から「私の作品制作の90%は、実は写真を撮ることではありません」と言います。

写真家なのにほとんど写真を撮らない。たしかにカメラを持って街へ出てパチパチ撮っているタイプには見えませんが。

ではその90%は何をしているんでしょうか。家でカメラをみがいたりしているわけではなくて、

「メールを送ったり、電話をかけたり、調査をしたり」、被写体にアプローチするための準備活動をしているそうです。たしかに「仕事は段取り8割」と言いますが、サイモンは「段取り9割」です。

ではどういった被写体にアプローチしているのでしょうか?

続きはプレゼンを見てみてください。

タリン・サイモン「隠された側面を撮る」日本語字幕付き動画はこちら。

 

Simon starts from this words, “90 percent of my photographic process is not, in fact, photographic”.

She is a photographer but she hardly takes pictures (only 10%). She certainly does not look like Bresson-type photographer who carries a camera all the time and try to find a decisive moment.

But what actually does she do for “90%”. Polishing her camera at home? No.

She writes letters, researches, makes phone calls etc to “access the subjects”. We say 80% of a work is planning, but she does 90% of planning. Incredible?

What does she try to approach?

Let’s watch the presentation.

 

Written by iseki ken

2012/02/07 at 17:38

Posted in YouTube