betweenthebooks.com

「たのしい写真」ワークショップ選抜クラス第2期 修了展レポート 第二弾 Workshop Selective Class Exhibition Report #2

without comments

こんにちは。

先日レポートした青山ブックセンターでの選抜ワークショップ生の展示ですが、デザイナーの黒田益男さんからも感想が届きました!

前回の記事はこちらからご覧いただけます。

「たのしい写真」ワークショップ選抜クラス第2期 修了展レポート

We have previously reported the exhibition by the selected workshop students. Introducint today is the comments from Masuo Kuroda, the Designer.

The first report can be found here.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「3 11」 今野 康隆さん

印刷物を被写体としているのか?焦点が浅く、淡いグレートーンながら目を引かれました。

“311″ Yasutaka Konno

This work caught my eye despite the shallow focus and its light grey colour. The objects were the printed material?

 

「Two or Three Things I Know About CINEMA.」 深見 安希子さん

前回から展示方法が変わりまた楽しめました。

“Tow or Three Things I Know About CINEMA.” Akiko Fukami

The installation was different from the last time and was very enjoyable.

 

 

「Field Work」 吉楽 洋平さん

図鑑を切り取り、印刷物を自然環境で再構成(撮影)して冊子に戻すというプロセスが詩的な印象となっていました。

“Field Work” Yohei Kichiraku

The process of cutting the picture book and reorganising using nature habitat gave me poetic impression.

 

 

「ひとのいえ」 加納 千尋さん

シリーズにできそうなスタイルでタイトルもすごくいいなと思いました。

“Someone’s Home” Chihiro Kano

This style can be used as a series. The title is very nice too.

 

 

「写真の人」 角地 智史さん

意識的な「シンプルな展示」の為か、被写体の表情をじっくりと見れたように感じました。

“People in Pictures” Satoshi Kakuchi

The installation is intentionally simple. This enabled me to look at the people’s facial expressions more closely.

 

<展示作品全体>

書店内空間を意識された展示が多くて良かったと思います。写真とメディアの関係に意識的なWSである事が良くわかりました。

On the exhibition overall

It was good to see that many works were displayed to match the space in the book store.  This shows that the workshop is conscious about the relationship between photos and media.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

黒田さん、ありがとうございました!

ホンマの青山ブックセンターでのワークショップも3月から、いよいよ第6期めが始まります。

まだまだ受講の募集は受け付けております。

詳しくはこちらから。

Thank you Kuroda-san.

The new series of workshop will start at Aoyama Book Centre in March. We are still accepting applications. See here for more details.

Written by tomo ishiwatari

2012/02/03 at 9:58

Posted in news,workshop