betweenthebooks.com

「たのしい写真」ワークショップ選抜クラス第2期 修了展レポート Workshop Selective Class Exhibition Report

without comments

2009年の夏から青山ブックセンター本店にて始まったホンマの「たのしい写真」ワークショップも、いよいよ今年の3月からは第6期目が始まります。

2011年は第4期、5期のワークショップを行い、2期めの選抜クラスも開講しました。

選抜クラスの受講生たちからさらに選抜された10名と、ホンマのワークショップOBから選ばれた3名が2011年12月27日〜2012年1月15日まで、青山ブックセンターにて展示をしていたのでその様子をレポートします。

Homma’s workshop, started in summer 2009 at Aoyama Book Centre, welcomes the 6th class this March.

In 2011, we held the 4th & 5th class and also another session for the selective group from the 2nd class.

Reporting today the exhibition held by the 10 participants from the selective class and 3 ex-participants at Aoyama Book Centre from December 27, 2011 to January 15, 2012

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨年同様、雑誌『here and there』を主催する編集者 林央子さんに感想をいただきました!

As per last year, Nakako Hayash, the Editor of “here and there”, has sent us comments.

一番心に残ったのは今野康隆さん「3 11」。写真集の最後にあった文章も良かった。展示されていた白黒写真は一見、被災と無関係なイメージに見えるけれど、どこかしら強く胸をうつ。

The most unforgettable work was “311″ by Yasutaka Konno. The sentences at the end of the photobook were also impressive. On the surface, the black and white images do not connect us to the earthquake, but they somehow touch my heart.

「工事中」の鈴木貴徳さんは目線が面白く、インスタレーションとしても興味深い。

“Under Construction” by Takanori Suzuki had an interesting view point and installation.

「ツギ」薄井みゆき+吉楽洋平さんの、入れ子構造のイメージと、写真を見せるために本を使った展示も良かった。

“Tsugi” by Miyuki Usui & Yohei Kichiraku. The nesting structure images and the way they used books to show the photos were very good.

大量の写真と文字が溢れる書店という場で、作品としての写真を展示することのむずかしさは想像に難くない。でもABC写真ワークショップの展示には、力強いものがいくつかあると思った。

It is not hard to imagine how difficult it is to display photos as one’s work in a book store where it is filled with images and letters. However, I did find some dynamic presentations at this exhibition.

米村剛さんの「In a submarine」、黒い背景に写真を浮かべた出力紙の展示、

“In a submarine” by Go Yonemura – displaying photos with black background;

深見安希子さんの「Two or Three Things I Know About CINEMA.」、写真プリントとフィルムのプリントを2重に重ねた展示、

“Two or Three Things I Know About CINEMA.” by Akiko Fukami – displaying the photo prints and film prints in a layer;

加納千尋さんの「ひとのいえ」、蛇腹式フォトアルバム。

“Someone’s Home” by Chihiro Kano  – displaying in the accordion style.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続きまして、デザイナーの中村至男さんの感想です。

Also we have comments from Norio Nakamura, the Designer.

ブラウザ画面を写真展示する寳楽圭さんの作品が面白かったです。

I thought the work by Kei Horaku displaying the browsing screen was interesting.

これは誰もやってなかった手法ですか?!ならば、なかなかの発見ですね。

これはコラージュよりも、意図も偶然もすべて冷酷にフラットにみせるとても新しい間合いに見えました。

Has anyone done this before? This is a new discovery.

Intentionally or coincidentally, this is very well-spaced showing the pieces cold and flat compared to collage.

少し恣意的な企画ものに見えてしまう瞬間があったのが惜しいです。

もっとナンセンスなものも見てみたい。

もっと表現できるはず、この手法を爆発させてほしいです。

つるつるのアクリル?もいい質感です。

It is a shame that there was a moment when I felt like the whole work was a setup. I would like to see more nonsense piece. He can express better.

The texture (acrylic?) is very nice too.

 

次回はデザイナーの黒田益男さんの感想を紹介します!

We will introduce comments from Masuo Kuroda (Designer) next.

Written by tomo ishiwatari

2012/01/18 at 15:48

Posted in news